悪臭なくすまで絶対あきらめない

  • 2017.11.09 Thursday
  • 23:21

 明日、朝、いつものように八名農協前で辻立ちします。

 プラカードを作りました。

 子ども達のために新しく作りました。

 子ども達の希望を失わせないため、このプラカードを持って立ちます。

 

 悪臭産廃問題を選挙で止めることはできなかった。

 しかし、選挙の結果で、反対運動を止めることはできません。

 悪臭をなくす迄 絶対にあきらめない。

NPOの現場に復帰

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 23:37

 NPOの仕事にもどりました。

 NPOの仕事とは、特定非営利活動をすることです。

 もちろん働けば報酬もでます。

 

 何をするかというと、まちづくり、福祉の向上、子どもの健全育成、環境保全、音楽・文化・芸術の振興などです。

 NPOは、行政と同じように公共の担い手といわれています。

 行政は、税金で賄われますが、NPOは、民間企業同様に良い仕事をして、お客様(市民)から評価されることで対価を得ます。

 

 今、解決すべきテーマとしているのは・・・

(1)不登校・いじめの問題

 2015年度の調べでは、新城市内の、小学校児童数2,319人のうち不登校は15人、中学校生徒数1,366人のうち不登校は39人、小中合わせた不登校は54人と、68人に1人が不登校という状況で、これは全国の86人に1人に比べて多い状況です。

 なんとか、まずは全国平均まで、できればもっと減らしてあげたい。

 そこで、NPOの事業として、子ども達のストレスを消化すること、家庭や学校以外の居場所をつくることなどを行っていきます。

 

(2)子どもの貧困問題

 今、全国で、子どもの7人に1人が貧困家庭であるといわれています。

 子どもの貧困問題は、地域全体の問題として、フォローしていかなければならない。

 全国では様々な取り組みが行われているが、新城市なりの方法で取り組んでいきたい。

 

(3)遺贈寄付

 近年、遺産の一部を市民公益活動団体(NPO)に寄付をする「遺贈寄付」への関心が高まっています。

 これは人生の集大成としての寄付を、社会がよりよくなるために使ってほしいという意識の表れといえます。

 ふるさと納税を活用したり、控除が受けられる認定NPO制度など、自分の税金を何に使われるかわからない自治体に納めるのではなく、自分の意思に合ったNPOなどの公益団体に納めるという時代の流れです。

 

 私が代表を務める「NPO法人しんしろドリーム荘」も、若い職員が働き3人ぐらい子どもをもち、市役所よりも税金を払いたくなる公益団体となることが目標です。

 これから、よい仕事をして、会員や寄付を集めて、さらに大きくなっていきたいと思います。

 

第70回新城産廃問題連絡会

  • 2017.11.06 Monday
  • 21:37

 11/5,19:00-21:00,第70回新城産廃問題連絡会を開催しました。

 若者を中心に30人近く集まり、これからの戦いについて、熱く語り合いました。

 

 選挙で市長を変えることが、産廃問題解決の道と、みな必死で頑張りましたが、成らず。

 選挙結果は、残念がっていましたが、返って、悪臭産廃阻止まで戦うぞっと、みな気力にあふれていました。

 

 産廃問題解決には、10年かかるのを覚悟してきたはず。まだ、たった4年。

 これから、この選挙で得られたものを前に進めることが必要です。

 

 選挙があって、個人的には悪臭産廃反対だけれど、選挙がからんで大きな声ではいえないという状況があったと思います。

 しかし、選挙はおわりました。

 これからは、敵は、悪臭産廃施設です。

 

 現在、20%程度の操業状況と聞きますが、それでも近隣では大変な悪臭被害を出しています。

 これから本格操業となると、どうなるか大変に心配です。

 おそらく誰もが、気がつくでしょう。

 

 新城の環境を考える市民の会は、これからも今まで通りに、新城のため、八名のためにこの悪臭産廃問題の解決に向けて取り組んでいきます。

 まずは、今回の選挙で、「悪臭産廃問題を解決する」と公言した市長さん、市議さんの動きを見守ります。

 

 また、住民が生活権をかけて民事訴訟を起こすことも視野に入れる必要があります。

 その場合には、地元で被害を受けている行政区が一丸となった原告団を結成する必要があります。

 地元市議が原告団長になるくらいのことが必要です。

 

 打つ手無限。頑張っていきましょう。

 

新城音楽祭に向け特訓中

  • 2017.11.05 Sunday
  • 18:41

 今日は、親子合唱団「しんしろ星の子合唱団」の練習でした。

 11月12日(日)の「第43回新城音楽祭」に出場するので、その最後の練習です。

 本番では、ベースが私一人なので、暗譜に必死です。

 

 

 子どもと大人が同じ目標に向かって、同じように努力する経験は、必ず子ども達の健全育成に役立つと思います。

 団員募集中です。特に男声が欲しいです。

 

 新城音楽祭は、11/12(日),文化会館大ホール。入場料200円。

 私たちの出番は、11時20分ごろのようです。

 応援に来てくださいね。

産廃問題の今後

  • 2017.11.03 Friday
  • 19:29

 今朝は、毎週行って来た八名の辻立ちでした。

 産廃反対運動は、4年間継続し、県や国への働きかけ、独自調査、デモや集会など、様々な示威行動を行い、今度は、選挙を利用しての解決を試みました。

 結果は、残念ながら、産廃問題解決に消極的だった市長や市議が当選する結果となりました。

 

 しかし、新城産廃反対運動は、今度の選挙によって、全市民に知らしめる機会となったと思います。

 当選した市長や地元市議も、選挙戦では、当選するために産廃問題解決を公言せざるをえない結果となりました。

 そういう意味では、市民の会やママの会の努力は、一定の成果を上げたと思います。

 

 選挙が終わったこの1週間、地元の情報では、トラックの出入りが増えたとのことです。

 また、新城は産廃容認とみられ、産廃業者が参入に動きだしたとの話も聞きます。

 本格操業、悪臭被害拡大の方向に、向かってしまっているようです。

 

 行政が本気で取り組めば、悪臭産廃問題を止めることはできます。

 阻止の決め手となる臭気測定は、行政が測定したものしか法的に効力がなく、行政による厳密な調査がどうしても必要です。

 したがって、産廃問題解決を公約した方々の責任は大きく、今後の有言実行に期待したいと思います。

 

 私は、今後も引き続き、NPO活動として産廃問題に取り組みます。

 ・環境大臣に提出中の「行政不服審査請求」を追及します。

 ・環境保全「肥料かごみか」の問題、農地が産廃の最終処分場化しているのはないかの問題解決に臨みます。

 ・子ども達の健全育成のための悪臭公害の撲滅に取り組みます。

 

悪臭産廃問題◆活動再開

  • 2017.11.02 Thursday
  • 22:13

 新城市長選挙の中、休止していましたが、悪臭産廃反対運動を再開します。

 

 選挙を利用して産廃を止めようと思いましたが、選挙に産廃を利用する者が続出、現市長も地元市議も選挙になったら、産廃反対と言いだしました。

 産廃反対と言ったからには、その発言どおりに、さあ止めて頂きましょう。お手並み拝見です。

 

 一貫して反対運動をしてきた同志は、そのような動きには関知せず、今まで通り着実に動いていきます。

 とりあえず、内々での打ち合わせを行い、今後の方向性を決めて行きます。

 

 まずは、子ども達に、この選挙で失望させないこと。

 選挙で、産廃反対と動かなかった者が当選したことは、新城市民が悪臭に苦しむ子ども達を見捨てたことではない、と伝えなければならない。

 

 今日、別件で訪れた田原の海は、ごちゃごちゃした人の営みは意に返さないかのように、穏やかに波を打ち寄せていました。

 

 

フォークなひとときも束の間

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 22:24

 フォークなひとときは、毎年、11月、5月に行ってきました。

 11月ですから今年もやりたいと、昨日いいましたが、そんな思いも束の間、スケジュール調整ができず、とりあえず、11月は無理となりました。

 ありがたいことに、介護福祉関連の大きな仕事が決まり、今後休む暇もなくなりました。

 

 選挙公約で述べたことは、公的ビジネスモデルです。

 税金か寄付か受益者負担かの収入を計り、支出を制すれば、NPO法人の事業として、成立させることができると考えています。

 

山本流まちづくり三昧

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 21:11

 選挙で、公約した政策は、市長になろうがならまいが、自分の目標(夢)ですから、実現していきます。

 

山本たくやの公約


○「玄関バス」

 脱モータリーゼーション。車がなくても生活できることが、これからの時代に求められ、新しい市場をつくります。

 高齢者の交通事故をなくすこと。人工知能による自動車の新たな有り様。

 買い物難民。介護・医療費の削減。遠隔地医療。ボランティア経済と融合、など、全国の市場は何数百億円でしょうか。

 

 そのモデル事業を、新城市で始めたいと思います。

 新城市の各地で聞いた「車が運転できんようになったら、生活できん。」、この声に応えて行きます。

 乞う、ご期待!

 


○フォークなひととき

 「フォークなひととき20回目」をやりたいな。この11月中に。(日程は、明日、お知らせします。)

 今から、練習をしておいてね。

 場所は、どこがいいでしょうか。桜淵が良い感じです。

 私も何とかギターで出演できるように、今から頑張ります。

 そう、一杯やりながら、フォーク三昧、いですね。

 


○The Nenkin

 ボランティア通貨システムをNPOとして動かします。

 通貨単位は、「恩(オン、ON)」としたらどうでしょう。

 草刈りボラで100恩、買い物に連れて行って100恩。そして、飲みに行ったときの送迎で、200恩が消費。

 あたらな内部経済を進化させます。

 


 今後も発表します。

新城市長選 御礼

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 11:53

 新城市長選挙につきましては、多大なるご支援を頂き、本当にありがとうございました。

 結果は、ご期待にお応えできず、本当に申し訳ありませんでした。

 

 作手のお宅の縁側でお話しして頼まれたこと、鳳来の廃校近くで寂しげに言われたこと、新城中心部で語った町の活性化のこと、大勢の方にお約束したことが果たせず無念です。

 また、悪臭産廃問題、オンデマンド交通など、喫緊の課題については、新たな市制に是非とも、その解決をお願いしたい。

 

 昨日は、鳳来長篠交差点、今日は、作手支所前交差点に朝の辻立ち、応援のお礼をしました。

 台風に始まり台風に終わった選挙戦の1週間が、今日は、嘘のように穏やかな朝でした。

 

 私は、これからも、私のまわりにいる素晴らしい心の方々とともに、楽しく元気に、ふるさと新城を盛り上げていきたいと思います。

 

 重ねまして、本当にありがとうございました。

 まずは、御礼まで。

 

 平成29年10月31日

 山本拓哉

 

山本たくやの政策

  • 2017.10.21 Saturday
  • 19:41

 明日22日に新城市長選挙に立候補します。

 選挙中は、ブログを更新できませんので、ここに政策をまとめます。

 

以上です。よろしくお願いします。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

「ふるさとの未来を考える」 by 山本たくや

profilephoto

東日本大震災復興支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM