昨日、「新城市体育協会代表者会議」に新城市バレーボール協会長として参加しました。

 議題は、新城市民体育・スポーツ施設充実促進について、及びアンケートの実施でした。

 

 現在、新城市民の体育・スポーツに関する環境は、「施設難民」の状況にあるとのことでした。

 愛知県下で、市民体育館がない市は他になく、全国的にもそういえるとの話しもありました。

 

 スポーツを愛する市民が練習や試合の会場をとるのには、相当に厳しいものがあります。

 その実態をアンケート調査して、当局へ陳情しようというものです。

 

 人生100年時代で最も力を入れるべきは、市民一人ひとりの健康促進です。

 そのために、新城市民が体育・スポーツを他地域と同様に享受できる環境を手に入れることが、未来を担う新城の子ども達に残すものだと思います。

 

 会議には、20組を超える市内スポーツ団体の代表者が熱心に検討しました。

 今後が楽しみです。

関連する記事
    コメント
    コメントする