障がい者職業能力開発のための「パソコン就活コース」が軌道に乗りました。

 本コースでは、就職のためにパソコンを覚えるということに特化しようと考えています。

 

 第一、毎日、決まった時間の前に席に付くこと。

 第二、あいさつ、身だしなみ、整理整頓など、金をもらえる人格を形成すること。

 第三、パソコンを教えられる知識を身に着けること。

 2か月の中で、ここまでできればいいな。

 

 今日も授業をしました。

 始まって間もなく、事務所に防犯カメラのインターネットを設置する業者の方がみえました。

 なかなか、インターネットを設置する現場など見る機会はないので、予定を変更して、皆で見学しました。

 

 こういった、臨機応変、朝令暮改に対応できなければ、企業活動では役に立てません。

 私は、企業の人事で、障がい者雇用を行った経験があります。

 その経験を活かして、今回も多くの訓練生が就職できるように頑張って行きます。

 

 

コメント
コメントする