今日は金曜日、毎週の「新城産廃問題」悪臭被害への改善を求めるスタンディングの朝です。

 新城の環境を考える会の会長(私)、幹事長、事務局長の3人が、八名農協前交差点で立っています。

 私のプラカードは、風雨でボロボロになってきましたが、はっきりと「悪臭をなくすまでは絶対にあきらめない」と書いてあります。

 

 反対運動は、5年目になり、新城の環境を考える市民の会は、一貫して環境保全を訴え、連絡会は次回80回になります。

 このように継続できるのも、多くの皆さんからのご声援やご寄付のおかげです。

 そのおかげで、産廃業者や行政を動かして、工場は改善工事を何度となく行いました。

 しかし、現状は、環境基準を超す悪臭が未だに飛散しているので、まだまだ運動は続けます。

 

 今日の朝、うれしいことがありました。

 スタンディングを終えて帰ろうとしたら、交通立ち番をしていた方から、「産廃のこと、ありがとうございます。」と声をかけて頂いたのです。

 久しぶりの地元の方からの声掛けに、涙が出る思いで、つまる声で「がんばります。」と返しました。

 

 現在は、環境基準超の悪臭に行政がどう出るかを静観し、市民の危機感が高まるのに期待しようと、無抵抗戦を行って来ましたが、今朝の一言で、また、沸々と熱いものがこみ上げてきました。

 

 そこで、事務所に帰って、何はおいても先立つものを確保しようと、以前から興味があった「ソーシャル・ジャスティス基金」に応募する準備を始めました。

 〜民主主義をつくるお金 市民による政策提案・社会提案活動を応援します〜 というものです。

 

「社会の不公正を正す目的をもった活動」

「市民社会の形成に寄与する活動」

「あらゆるいのちが尊ばれる社会をめざす活動」

に対して支援されるということで、ぴったりだと思います。

 

 そこでは、市民による社会課題解決のための政策提案型・社会提案型の事業(アドボカシー活動)として、新城産廃問題を解決して行くことを提案してみます。

 これから考えますが、キーワードは「対話により事実を知らせ社会を変えること」で、アドボカシーカフェの開催、フォーラムの開催などを提案していきたいと思います。

 

 期限は、来週26日ですが、この連休に頑張って何とか提出します。

 採択されるかはわかりませんが、結果よりも、提案書を考える中で、現状打破の発想が生まれることが一番の成果です。

 

コメント
コメントする