雨のち曇り、ときどき晴れ

  • 2017.07.27 Thursday
  • 20:53

 7/27(木)7:30-8:00 雨。

 今日の始まりは、千郷の稲木交差点で、辻立ち。

 何度か雨の辻立ちをして、旗を持つ腕が濡れてしまうので、今日は雨ガッパを着ました。

 しかし、結局、カッパは暑くて中から汗でビショビショでした。

 雨の日に濡れないという姑息な考えが間違っていますね。

 

(稲木交差点)

 いつも駐車場を貸してくれているオーナー、ありがとう。

 

 道路交差点の設計・施工の良し悪しは、雨の日に検証できます。

 稲木交差点は、西からの交差部の排水が悪く、ウォータースライダーのようにトンバシリが子どもの背丈ほど上がっていました。

 今は、夏休みで通学の子ども達がいませんでしたが、いたらビショビショです。


 

 8:30〜11:00まで、強雨。鳳来地区に支援者とともに行きました。

 「住み慣れた家で、安気に住み続けて頂けるように一所懸命やります。」と言うと、皆さん「そうだね。わしらも歳だで、よろしく頼むのん。」となります。

 それにしても「いきり暑い」し、低気圧で足腰が痛い、大変です。

 この「痛み」を何とかして和らげてあげたい、その思いが「政治」だと私は思います。

 


 11:00に一地区を終わり、そこから鳳来北西部に向かいました。

 昼食は、只持の荷互奈(にごな)の五平餅を頂きました。そのころには雨も上がりました。


 妻共々、頭からパンツまでビショビショになったので、一旦、自宅に戻り、出直し。


 14:00からは、再び鳳来地区北西部へ、次の支援者の運転で行きました。

 回っていると、千郷の稲木交差点で朝立っているねとか。

 前回は、惜しかったねとか。

 雨の日に、こんな所まで来てくれて有難うねとか、言って頂けます。

 

 どんな政策を掲げようと、そのことを自分のために誠実に実行してくれるという、「信頼感」がなければならないとならないんだなと思います。

 


 朝7時に家を出て帰宅8時で、車の移動距離90km、歩いたのは10kmぐらいでしょうか。

 

 選挙は歩くこと、その教えに従って、ひたすらに気持ちを伝えます

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

「ふるさとの未来を考える」 by 山本たくや

profilephoto

東日本大震災復興支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM