障がい者職業能力開発

  • 2017.04.20 Thursday
  • 00:22

 障がい者福祉の向上の目的で、「障がい者職業能力開発事業」が12年目になります。

 今年度から、国の方針が大きく変わり、就職率を高めるプロポーザル方式になりました。

 幸運にも採択を受けました。東三河地区では、我がNPO法人しんしろドリーム荘が1社選定されました。

 

 今日は、その訓練生の面接会でした。

 私は、以前の企業で総務部長として、新卒者、中途、障がい者の採用業務を行い、年間300人程の面接を行い採用した経験があります。

 その経験を活かし、企業にとって求められる人財とは何かを教えています。

 

 企業にとって求められる人財とは何でしょう。

 私は、「現場でうまくやってくれる人」だと思います。

 人事課長は、採用し、現場に人を送ります。

 その現場の管理職に、手間をかける人財を送ると、人事課長の査定が下がります。それが困るから、現場でうまくやってくれる人を採用したがります。

 つまり、パソコンの腕前などは二の次で、実際には、チームワークを理解し、気働きができる能力が職業能力なのです。

 この当たりのことを楽しく習得できるカリキュラムを考えました。

 

 12年間のノウハウで、障がいがあっても職業に就き、自己実現ができる、そんな社会づくりを行っています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

「ふるさとの未来を考える」 by 山本たくや

profilephoto

東日本大震災復興支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM