職業訓練サービスの質の確保のために国がガイドラインを設定し、その基準に適った事業所を認定する制度が施行されました。

 

 私どものNPO法人でも以前から、愛知障害者職業能力開発校の委託訓練を請け負っています。

 これからの一定水準以上の職業訓練を行うべく、ガイドライン研修を受講してきました。

 

 1月18日、静岡県産業経済会館で行われました。

 場所は、駿府城公園の近く、新城から新東名で1時間ちょっとです。

 

 職業訓練のガイドラインは、ISO29990に準拠したマネジメントシステムでした。

 私は、ISO9001品質とISO14001環境の審査員資格を持ち、マニュアルの作成や監査の経験がありますので、比較的わかりやすく研修を受けることができました。

 

 研修ではグループワークもあり、外国人の職業訓練や医療事務など、様々な職業訓練を知ることができました。

 外国人の受け入れ訓練など、NPO事業としても幅を拡大できる可能性を感じました。

 

(研修会場近くの駿府城公園。静岡県庁を臨む。)

 

(研修の様子)

 

 

 

 当NPOでは、子どもの貧困対策事業も手掛けています。

 本事業は、まだ研究段階ですが、地域の動向をみて、着実に進めて行きたいと思っています。

 

 研究するに当たっても、まずは研究費を確保しなければなりませんので、現在、民間団体の助成申請をしようと申請書を書き始めました。

 こうして助成申請をするために、書籍を読み、研究論文や国の指針などを読むと、助成金をとれるかどうかは別にして、大変に勉強になり、使命感が高まります。

 

 参考文献のひとつ・・・

 「子供の貧困に関する新たな指標の開発に向けた調査研究報告書 平成29年3月 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)」に、『物質的はく奪指標』(下表参照)というものがあります。

 

 これは、子どもが貧困状態にあるということを所得だけでなく、実態に合わせて指標化する試みです。

 現在の社会では、このような状況が、子ども達の貧困の状況を表す指標ということです。

 それにしても「物質的はく奪」という用語には、何とかしなければならないという思いがこもっている感じがしていいですね。

 

 子どもの貧困問題は、言うまでもなく、親の責任として片づけるものではなく、社会として解決すべき問題です。

 市場経済を拡大しようとする社会の動きと、家族やコミュニティーを大事にしようとする動きの本質的な矛盾のしわ寄せが、最も弱い立場の子ども達に押し寄せていると私は分析しています。

 腹のへった子に食事を与える活動と同時に、格差をなくす社会変革も必要だとの視点で、NPO事業として組み立て、助成を求めて行きたいと思います。

 

 具体的には、「フードシェアセンターの立ち上げ」、「分ち合い食堂のモニタリング」、「分ち合い経済圏の醸成」を計画していきます。

 これら事業には、地域の皆様のご協力がかかせません。

 今後とも地域の皆様のご支援をよろしくお願いします。

 

図表6-3 物質的はく奪指標を構成する項目になりうる候補
食料
  • 1日3回の食事
  • 朝食(夕食)を食べる
  • 十分な朝食(夕食)の量
  • 栄養バランスのとれた朝食(夕食)
  • 1日1回以上野菜又は果物の摂取
  • 1日1回以上肉又は魚の摂取
  • 1日1回以上の乳製品の摂取
  • 食費を切り詰めた経験の有無
  • 家族が必要とする食料を買えなかった経験の有無
  • 学校での給食
  • 手づくりの夕食

 

住居
  • 家族専用の炊事場
  • 家族専用のバス・トイレ
  • 火災報知器
  • 日光が入る部屋
  • 宿題をできるスペース/子供部屋
  • 安全に遊べる近所の公園
  • 家賃や住宅ローンの支払いが滞った経験の有無
  • 敷金・保証金等を用意できないために転居を断念した経験の有無

 

光熱・水道
  • 公共料金の滞納がない
  • 冷暖房器具/冷暖房器具の使用を控えた経験
  • 子供がお風呂(シャワーも含む)に入る頻度

 

家具・家事用品
  • 電子レンジ、冷蔵庫、炊飯器など炊事用具
  • 洗濯機、掃除機
  • 家族全員が座れる食卓
  • 家族人数分の布団(ベッド)

 

被服及び履物
  • 新しい衣類の購入
  • 最低2足の足に合った靴
  • 毎年新しい洋服・靴を買う

 

医療・保健
  • 必要な時に医者、歯医者にかかれる
  • 国民年金、国民健康保険料の滞納経験の有無

 

交通・通信
  • 電話、携帯電話
  • スマートフォン、タブレット端末
  • 通信料の滞納経験
  • インターネットにつながるパソコン
  • 鉄道やバスの利用を控えた経験の有無
  • 自転車
  • 自家用車
  • 通勤・通学に使うバスや電車の交通費

 

教育
  • 教材、ランドセル等就学に必要な物
  • 学校で必要なもののうち自分で買わなければならないもの(ランドセル・制服・ジャージ・国語辞典・スパイクなどクラブ活動用の物品)
  • 子供が学習できる部屋、勉強机
  • 自分だけの本
  • 遠足、修学旅行
  • 卒業アルバム
  • 学校のクラブ活動
  • 習い事、学習塾
  • 子供会・地域の行事
  • 学校行事への親の参加
  • 経済的理由により進学を断念した経験の有無
  • 保育料・学費の滞納経験の有無
  • 高校までの教育
  • 短大・高専・専門学校までの教育
  • 大学までの教育

 

教養・娯楽
  • 年齢にあった本
  • 新聞・雑誌・漫画
  • 家族での外出(文化施設、スポーツをはじめとする様々な体験)、外食、家族旅行
  • 山や海に行く
  • 海水浴に行く
  • 博物館・科学館・美術館などに行く
  • キャンプやバーベキューに行く
  • スポーツ観戦や劇場に行く
  • 遊園地やテーマパークに行く(16-17歳は、友人と遊びに行くお金)
  • 子供のスポーツ用品
  • ゲーム機などの玩具、レジャー用具
  • インターネットへの接続

 

こづかい・交際費等
  • 毎月のこづかい
  • お年玉
  • クリスマスプレゼント
  • 誕生日のお祝い

 

貯蓄・借入等
  • 急な出費のための貯蓄
  • 住宅等のローンの滞納がない
  • 税金等の滞納
  • クレジットカードの利用が停止された経験の有無
  • 生活の見通しが立たず不安になった経験の有無

 

その他
  • 理髪店・美容院に行く回数を減らした経験
  • 心配ごとや悩みを相談できる相手
  • 一緒に夕飯を食べる相手の有無
  • 放課後を一緒に過ごす相手の有無
  • 勉強がわからない時に教えてくれる人の有無
  • ロールモデルとなる人の有無
  • 親戚との交流
  • 情報ギャップ

 

 

※上表の見方)「クリスマスプレゼント」が経済的な理由で与えられなかった場合を貧困の状態にあると判断する。

 

 まちづくりの重要な専門職に、ファシリテーターというのがあります。

 

 ファシリテーター(facilitator)とは、デジタル大辞泉では、

物事を容易にできるようにする人や物。また、世話人。
集会・会議などで、テーマ・議題に沿って発言内容を整理し、発言者が偏らないよう、順調に進行するように口添えする役。議長と違い、決定権を持たない。

とあります。

 

 この説明の中の決定権を持たないということが重要です。

 決定権を持つ、年配者などが、こうだ!といったら、その先何も言いたくなくなるでしょう。

 そういうことです。

 

 ファシリは、全ての人の嫌な部分を飲む込み、人の良い部分を引き出す仕事です。

 やっかみ、そしり、自己顕示欲、嫉妬、因業など、人の見苦しい部分を上手に浄化し、本当に大事な物事は何か、人の心の中にある良きもの気付かせるプロです。

 

 真のファシリテーションに出会うことこそ、人生の満足感を得ることになるのではないでしょうか。

 

 合唱劇「葉っぱのフレディ」公演のために、今、しんしろ星の子合唱団は、猛練習中です。

 合唱は勿論、ダンス、お芝居もあり、本格的な演目です。

 

 子ども達の中には、お芝居やミュージカルを生で観たことがない子もいます。

 お芝居を観たことがあれば、もう少しイメージしやすいだろうなと思っていました。

 

 そこで、今日、ちょうど公演中の劇団うりんこ「のらねこ ソクラテス」を観に名古屋に行ってきました。

 以前に名古屋に住んでいた千種区の千代ヶ丘団地のすぐ近く、猪子石のうりんこ劇場です。私の子ども達は、親子劇場に入っていて、よくここに来ました。

 

 久しぶりのお芝居に、心から楽しみました。

 新城市から、新東名で1時間ほどで来れますから便利です。

 

 一緒に行った子ども達は、目の前で繰り広げられる、生の表現にどんな思いであったでしょう。

 心にも何か新しい種がまかれたことでしょう。

 

 子どもには、無限の可能性が秘められています。

 その扉を開くために、様々な経験をさせてあげたいと思います。

 

 

 今年の4月に、場所を東新町駅すぐのサロンラポールに移し、年末を迎えました。

 当初は、ちょっと広すぎる場所を借りてしまったかなと心配していました。

 しかし、今日の「うたごえサロン」、何と最高記録41名のお客さんで超満員となりました。

 

(超満員の「うたごえサロン」)

 なお、まだ入れるように工夫しますので、これからもご安心してお越しください。

 

 本当に、お客様に支えられているんだなぁっと実感しました。

 お茶をお出しするお手伝いをして頂いたり、お菓子を買ってきて頂いたり、今日などはクリスマスケーキをスタッフの分を入れて45個もプレゼントして頂いた方もみえました。

 

 「世の中すてたもんじゃない。」とよく言いますが、まさにそのとおりで、真面目にやっていれば、誰かが助けてくれるものなんだなと思います。

 年の瀬を締めくくる、本当に感謝の日でした。

 

 年末、年始のサロンラポールの予定を改めてお知らせします。

 

【うたごえサロン】

 12/25(火)・・・有り(最終日)

 12/27(木)・・・休み

 ―平成31年・2019年ー

  1/1(火)・・・休み

  1/3(木)・・・休み

  1/8(火)・・・有り(事始め)

  1/10(木)・・・有り・・・

 

【囲碁・将棋 脳トレご会所】

  12/26(水)・・・有り(最終日)

  12/28(金)・・・休み

―平成31年・2019年ー

  1/2(水)・・・休み

  1/4(金)・・・休み

  1/9(水)・・・有り(事始め)

  1/11(金)・・・有り・・・

 

【花金缶詰バーサイドメニュー】

  12/28(金) 夜の歌声・・・休み

―平成31年・2019年ー

  1/4(金)レコード鑑賞・・・休み

  1/11(金)しんしろ寄席 新春初笑い

     落語 鶴橋減滅渡 微笑亭さん太 

 

 本年も大変にお世話になりました。

 来年もサロンラポールを御贔屓に、よろしくお願いします。

 

 今日は、午前中に、合唱団のクリスマス会の準備をし、午後1時〜合唱の練習をして、午後3時〜クリスマス会でした。

 しんしろ星の子合唱団恒例のケーキづくり大会で盛り上がり、ゲーム大会、カレーの夕食、プレゼント交換と盛りだくさんでした。

 下は4歳から、上はン歳まで、みんなが大騒ぎしました。

 

(手づくりケーキを前に記念撮影)

 


 

 クリスマス会の片付けが済んだ午後7時からは、第82回新城産廃問題連絡会を行いました。

・先の市議会傍聴者の報告がありましたが、特筆すべきことはなし。

環境基準を超える悪臭はあり規制基準に不適合であるが、未だ改善勧告や改善命令は発動されていないようです。

・その他地区の害虫、水質汚濁、悪臭の苦情も報告された。

 

 環境保全活動は、子ども達にきれいな環境を残したいという感情が、あきらめの気持ちを打ち負かすことから始まります。

 難しい問題ですが、諦めなないことだけが「子ども達の笑顔」を守る唯一の道だと思っています。

 

 今日の「うたごえサロン」も満員御礼、大入りでした。

 そこで、記念写真をパチリ。

 みなさん本当に良い顔していますね。

 

 

 12月14日(金)、毎月第2金曜日の夜は「しんしろ寄席」。

 午後7時から、新城市東新町駅前から大笑いの声が響きます。

 

 今回は、お馴染み、鶴橋減滅渡さんと成田家紫蝶さんの二席でした。

 今までの最年少、小学校三年のお嬢さんもお客様に見えました。

 

 減滅渡さんの大笑いについで、紫蝶さんの人情噺に涙を誘われました。

 枕話、山手線の新駅は「高輪ゲートウエイ」になったが、投票の三位が「芝浜」ということ。

 「芝浜」は地名ではなく落語の演目、今日聞いたネタのこと。

 

 昔、よくテレビでみた落語や喜劇にも、ほろりとなる場面がありました。

 涙を家族に見られないように顔をそらし、涙を拭かずに乾くのを待っていたこと思い出しました。

 年末にいい話を聞かせてもらいました。

 

(「芝浜」を演ずる成田家紫蝶さん)

 

あす金曜日、12月14日(金)午後7時〜8時半

しんしろ寄席」で大笑いしませんか。

木戸銭は、大人1,500円、高校以下500円です。

缶詰バーで一杯やりながら

本格的な落語を堪能できる至極の時です。

 

落語二席

鶴橋減滅渡さん

成田家紫蝶さん

の大御所お二人です。

 

お時間の許さない方も何とかしてお越しください。

来て見て絶対に損はさせません。

(今晩立てた店前看板)