まちづくり講演会 録画

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 11:02

  5月14日講演会のビデオができました。

 私が考えている新城市のまちづくりについて、55分間、無修正のものです。

 稚拙な話しで恐縮ですが、心を込めて話しましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新城市長選出馬表明 新聞記事

  • 2017.05.20 Saturday
  • 00:08

 5月18日行った新城市長選への出馬表明についての新聞報道をお伝えします。(順不同)

 どの記事も私の思いが記者に伝わったと感じました。

 

 今度の選挙で新城を変えなければならない。

 H21年:-344人、H25年:-572人、H28年:-659人と人口減少数は加速している、これが、現市政の結論です。

 中心市街地のお店は廃業続き、廃校だらけ、市民プールや市民体育館は廃墟、若者はカラオケボックスへと市外に出る。これが、現市政の結論です。

 

 現市政とは、現在の市長と市議会議員の責任のことをいうことです。

 今後、現職の方々が出馬表明をするのでしょうが、この新城市衰退の反省の上に、新しく何をするのかを提案しなければ、市民は納得しないと思います。

 

●東愛知新聞

 

 

●中日新聞

 

●朝日新聞

 

●読売新聞

 

●毎日新聞

 

 

新城市長選挙 出馬表明

  • 2017.05.18 Thursday
  • 23:40

 本日、午後1時半から、新城文化会館302室にて、記者会見をさせて頂きました。

 内容は、今秋に行われる新城市長選挙への出馬の決意表明です。

 

 新城市の加速する人口減少に対して、今、手を打たねば新城市は消滅する。

 その危機感のもとに様々な市民活動をしてまいりましたが、今秋10月29日投票の新城市長選挙を迎えるに当たって、市長選挙で新城市を善くしたいとの思いで、身の程知らずとは思えど、挑戦するしかないとの思いに至った次第です。

 

 出馬表明をしたからには、新城市を改革したいとの思いを結集して、「選挙で市を変えよう」と訴えて行きたいと思います。

 本日、記者会見をしたことを契機に、ホームページを立ち上げ、随時、情報を公開していきたいと思いますので、ブログと併せてご覧ください。

 

 ホームページアドレス:http://www.geocities.jp/wkjxx381/takuya/index.html

 

 

普段着の地域共生

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 01:30

 地域の実情を見て聞いて回っていると、市政の課題を拾うことができます。

 市役所は、「地域自治」を推進していますが、各地を回って聞くとどうも無理があるように感じます。

 平日は仕事に追われ、休日は地域の「お役」に追われ、アップアップの方たちに、これ以上何をやれというのでしょう。

 区長、組長、○○委員、寺役、神社役、そして、先祖代々の屋敷、農地を守るための草刈り、どぶさらい、道つくり・・・などなど、そして最近は地域自治区制度も加わり、一家の主にかかる「お役」は、限界を超えています。

 我が家も今は、竹との闘い、裏山から屋敷に迫る竹を倒すのが日課です。

 タケノコ取りなどという悠長なものではなく、忙しいと言ってさぼっていると、これこの通りタケノコは背丈を超え、屋敷を痛めます。

 

 また、新天地を求めて、新たに新城に移り住んでいただいた方々が、長く住み続けて頂くためにも、無理強いのない、地域制度が必要だと思います。

 

 今日も鳳来地区を歩いていると、この5月1日から住み始めたという方にお会いしました。

 以前から存じ上げていましたが、峠の「紋屋」さんと言えば、知る人ぞ知ることと思います。

(峠の茶屋「紋屋」)

 

 お仕着せの地域自治でなく、「普段着の地域共生」を行政が支え維持することが必要だと思います。

 

人は石垣、人は城

  • 2017.04.28 Friday
  • 23:32

 私の大切にしている言葉「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」。

 誰もが知る武田信玄の言葉とされるもの。

 人の力がないと城があっ ても役に立たない。

 新城は、「人」が活きことで、強固な城になる。

 

 今日も午後から暗くなるまで、人に会いに新城を歩きました。

 この時期は、草取りが忙しい。

 田植え前の農機具の修理にも余念がない。

 夕方4時ごろは忙しく、子どもの送り迎え、デイサービスからの帰り、パートからの帰り、犬の散歩、そして何といっても水戸黄門。

 

 そんな「人」の普通の営みが、笑顔に満ちて、安気に暮らせるよう、支えるのが行政の役割だと思います。

 「人」が活きれば、城は建つ。

 そんな思いが固まる今日このごろです。

 

 明日は、朝5時から「人」に会い、善い一日が始まります。

 今日は、ここでおやすみなさい。 

「514講演会」へのお誘い

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 22:36

 「514集会」講演会を行いますので、お越しください。

 山本たくや後援会で企画して頂き、2週間で新城市内すべてのお宅に、次のチラシが配られたかと思います。

 後援会の方々には、大変なご尽力ありがとうございます。

 

 

●日時 平成29年5月14日(日)午後2時開演

●場所 新城文化会館 小ホール

入場無料

 

 私がこの10年、新城市のまちづくりで考えて来たことを述べたいと思います。

・この人口減少の時代に、どうやって新城市が進んでいくべきか。

・市民の不安は何で、どうしていくのか。

・新城産廃問題の具体策は何か。

・明るい未来のために何が必要か・・・などを話したいと思っています。

 

 同時に皆様のご意見を伺い、政策をブラッシュアップします。

 その結果、今年10月29日投票の新城市長選挙に打って出る決断をしたいと考えています。

 

 5月14日、市内外を問わず、今までお世話になり、様々な活動を共にした同志にも応援に駆けつけて頂ければ幸いです。

 514集会当日は、「社会情勢の読み」、「新城市の実態」、「輝ける新城の未来」を語りたいと思っています。

 

 田植えの時期で忙しい方も多いかと思いますが、昼間2時から始まって4時前には終わりますので、ちょこっと見に来ておくれましょう。

 よろしくお願いします。

 

市民生活の実態

  • 2017.04.24 Monday
  • 23:59

 新城市長選へ向けて、まずは市民生活の実態調査に歩いています。

 今年の正月から各地を回り、ゆっくりと傾聴しています。

 ここ1か月は、新城市域の周辺部に行っています。

 市域周部の市民を大事にできなければ、中心部も栄えない。そんな思いからです。

 

・最近、印象深かったのは、七里一色で話しをしていた時のこと。

 私の足元に可愛い猫が、じゃれついてきました。

 

 聞くと、この猫は、以前にあった殺人事件の被害者宅の猫だということで、びっくりしました。

 飼い主の不幸のあと、このお宅にいつの間にかやってきて、住みついているとのことです。

 

 このような事件を思うに、限界集落という言葉がありますが、山間の集落は、すでに地域自治力の限界を超えつつあるように思えます。

 市政として、早急な対策が必要です。 

 

・各地を回っていると、4年前に比べ、平日でも在宅の方が多いように感じます。

 特に退職され、家にみえる方が増えました。

 その方々の中には、親が高齢になり地域の役をやらなければならず、遠距離通勤や三交代などで体力的にも限界になり、年金はまだもらえないが、蓄えを崩しながらの生活しているということ。

 近年の国の政策がライフステージに隙間をつくってきたと感じます。

 その隙間を埋めて、先々の不安を少なくし、元気を積んで、活力を上げることが必要だと思います。

 

 新城市が人口減少時代に生き抜くには、一人ひとりを大事にし、活力を増大させ、その結果、地域が豊かになることだと思います。

 

 今しばらく実態調査をして、政策をまとめようと思います。

 

民生委員と個人情報

  • 2017.04.13 Thursday
  • 23:59

 只今、市内各所で、新城市のまちづくりについてヒアリング調査を行っています。

 今日、こんな話を聞きました。

 「民生委員が区内の方々の情報を市役所に聞きに行くと、個人情報だから教えられない」と言われてしまう。

 そうなると民生委員は、毎年、区民全員に聞き取りをして回らなければならず、仕事を持っている人などは時間がなくて困っているとのことでした。

 

 この「個人情報だから・・・」という返答は、「個人情報保護法に抵触するから」ということだと思いますが、この点については、単なる門前払いの口実にならないようにしなければなりません。

 個人情報の保護に関する法律では、個人情報取扱事業者に対して、その取扱いにおいて「本人の同意」を求め、取り扱う場合には「適正に取り扱うこと」としており、単に、「個人情報は取り扱ってはいけない」とは定めていません。

 特に地方公共団体には、

・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合

・公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合

などには、個人に確認なしに取り扱うことも許されています。

 まさに「民生委員」が行うような役割については、当然の吟味は必要ですが、個人情報の開示は検討されるべきものだと思います。

 

 

新城改革プラン

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 19:41

 今、各地でまちづくりワークショップを行い、新城市のあるべき方向性を検討しています。

 人口減少時代において、高齢化・過疎をかかえる新城市で、今必要なのは、「市民一人ひとりを大事にして、活力を高めることだ」と感じています。

 「市民を活き活きとさせる術」をプランニングしましたので、ご覧いただき、共に市政を考え、共に改革を進めましょう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

山本たくやプロフィール

  • 2017.03.02 Thursday
  • 19:46

 私のプロフィールを更新しました。ご覧ください。

 


〜山本たくやのプロフィール〜

山本拓哉(やまもと たくや) 57歳
○S34年11月24日新城市生まれ、新城市立千郷小・中学校〜愛知県立新城東高校(6回生)〜日本大学工学部土木工学科卒
○S57、名古屋市の建設コンサルタント会社に入社。情報処理、測量、都市計画、品質管理、経営企画を経験し、執行役員総務部長でH205月退職。

〇H9、東三河人にやさしい街づくりアドバイザーグループに所属
〇H13、愛知新城大谷大学非常勤講師(生活情報論)
○H17、NPO法人代表理事として、まちづくりを実践。
○区長、公民館長、千郷中学・新城東高校の同窓会役員

〇千郷東部造林組合代議員として4年間、下草刈、間伐、作業道整備


〇H23、新城市ボランティア連絡協議会会長 就任
〇H24、蠅もやいネット代表取締役 就任
〇H25、新城の環境を考える市民の会会長 就任
〇H27、新城市地域福祉活動計画策定委員会副委員長 就任

 

・家族は、妻、父、母 4人で新城市豊栄に在住。
・趣味は、音楽、サッカー、釣り、モータースポーツ
・好物は、かつ丼、オムライス

 

(資格・経験)
・測量士 ・第二種情報処理技術者 ・RCCM(シビル・コンサルティング・マネージャ)都市計画及び地方計画 ・福祉住環境コーディネータ2級 ・元ISO9001品質マネジメントシステム審査員補 ・元ISO14001環境マネジメントシステム審査員補

 

〜山本たくやが手掛けたまちづくりをご紹介します〜
(都市計画分野)
■豊明市第三次総合計画策定および用途地域見直し
■刈谷市・知立市・豊明市・湖西市の都市計画マスタープラン策定
■弥富町・七宝町・甚目寺町緑のマスタープラン策定(公園・緑道)
■安城市人にやさしい街づくり計画策定(駅や道路のバリアフリー化)
■小平市駐輪場・刈谷市駐車場整備計画
■瑞浪市森林整備事業(竜吟湖水質浄化・七滝散策道整備計画)
■庄内川水系河川整備基本計画策定

 

(施設設計分野)
■大高緑地公園・西春駅前広場の実施設計
■一宮町中部1・2号公園の計画・設計・施工監理


■新城市市場台の街区公園の住民参加型基本設計の講師
■小牧市・尾張旭市・安城市の区画整理事業の換地測量・実施設計

■中部PFI研究会にて、PFI、PPPによる事業化手法を研究

 

(解析・測量分野)
■蒲郡市などの河川の調査及び台帳作成
■蒲郡市・津島市・七宝町などの道路台帳作成
■コンクリートダムの有限要素法による温度応力解析
■五条川右岸下水道浄化センターの緩衝緑地の調査設計
■橋梁アセットアセスメント(長寿命化)

 

(経営分野)
■事業承継のための社員持株制度の創設、持ち株会社の設立
■複線型人事評価システムの構築、新卒・中途・障がい者の採用
■ISO9001,14001全規定の作成及び管理責任者

 

(NPO法人での活動)
■福祉)社会福祉法人福寿園の被介護者4千人を対象に満足度調査を行い、改善提案報告書(約500頁)を作成。2年毎に3回実施。
■医療)東三河北部医療圏「住民と医師との茶話会」実施、ROC(愛知県医師会総合政策研究機構)活動に参加。
■環境)豊橋市産業廃棄物排出処理状況実態調査により、平成37年迄の産廃の排出量、再生利用量、減量化量、最終処分量を推計。
■教育)文部科学省いじめ対策等生徒指導推進事業として、親子合唱団による不登校、いじめ対策を研究。
■障がい者)愛知障害者職業能力開発校委託パソコン訓練を12年間延べ140名の修了生を輩出し、障がい者雇用を促進した。
■農業分野)新城そば、藍の特産化を実施中。
■産業振興)しんしろ軽トラ市(山湊馬浪復活プロジェクト)の全国展開∞プロジェクト申請書作成補助、ゆるキャラ「のんすけ」製作受託。
■音楽分野)フォークなひととき・傾聴サロン歌声喫茶の運営。しんしろ星の子合唱団団長として音楽で子育ち環境の充実を実践。

 

 

(政治活動)
■大村知事塾長の「東海大志塾」 塾生
■鈴木政二塾長の「政二塾」 修了
■日本自治創造学会 会員
■新城政治塾 塾長
■奥三河創造塾@しんしろ市民ファーストの会 顧問

 

(市民活動)
■東三河人にやさしい街づくりアドバイザーグループにて福祉教室、バリア検証及び改善提案を実施

■新城の環境を考える市民の会、産廃から環境を守る東三河連絡会の代表として、H25年から新城産廃問題の解決に従事中

 


以上

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

「ふるさとの未来を考える」 by 山本たくや

profilephoto

東日本大震災復興支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM