「サクラ座・和音」ありがとう 感謝

  • 2016.04.01 Friday
  • 23:58
 この2016年3月末で、「サクラ座・和音」は閉館しました。今までお世話になった皆様には心より感謝申し上げます。
 サクラ座・和音は、土壁でおもむきのある倉庫で、何とか保存し活用したというオーナーの思いを受け、2008年ごろから、新城の新たな文化発信拠点として、建物を整備して、コミュニティーパブ、音楽小屋として共営で始めました。
 新城は、もともと新城町という町場が賑やかで、その周辺の農村部から晴れの場を楽しみに、よき文化の循環がありました。
 それを再現しようと、音楽コンサート、寄席、展示会など、新城駅前の文化発信の拠点づくりとして市民の力で築き上げてきました。
 今でこそ、古民家再生、空き家活用と話題になっていますが、その先駆的な事例として、愛知県市町村振興事業としても採択されました。
 しかし、この建物の持ち主の組合が解散し、建物を取り壊し、新城市が購入して自転車置き場にすると聞きます。

 たくさんの思い出があります。
コンサートの様子
(2009年5月。地元出身のプロの奏者によるコンサート)

ヴァイオリンの安藤衣里さん、ヴォーカルの平野とも子さん、ピアノの夏目順子さん


(フォークソング。新城市内のい高校の校長先生が全員で練習中)


(2009年11月。フォークソング世代が集う「フォークなひととき」)


(2010年7月。小さい子ども連れでも楽しめる親子コンサート)


(オカリナのAKIRAさん&ギターのちゃぼさん)



(チェンバロ:杉浦道子さん、バイオリン:杉山真名美さん)


(マリンバ:松井奈都子さん、ピアノ:山口亜希子さん)




(2011年9月。サクラ座寄席開始。鶴橋減滅渡さん、成田家紫蝶さん)

(2012年6月。命を考える月間。朗読の会「木の葉のページ」)


(2012年11月。王侃さんの二胡コンサート。)


・音楽コンサートは、数知れず。
・この他にも、「世界の原発被害写真展」、命の音楽会
・そば打ち教室、忘新年会、ヒップホップ、婚活パーティーもやりましたね。
・「フォークなひととき」は、毎年2回すでに18回になります。
 このようにこの8年間、様々な方々に支えられ、運営してきました。
 会うは別れの始まり。なんにでも終わりが来ます。惜しまれてお別れすることができますことは、何よりです。
 本来ですと、お世話になった方にご案内すべきところですが、この場を借りて感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。
 この場所は、取り壊されなくなりますが、今まで培った文化の芽はこれからもさらに成長させて参りますので、よろしくお願いします。

 

ホワイトデイ・イブ

  • 2013.03.13 Wednesday
  • 23:55

ホワイトデイ・イブのイベント、「アコーディオンとヴァイオリンとヴォーカル」のコンサートを開きました。

外は春の嵐ながら、会場のサクラ座・和音は、愛の歌が流れ素敵な時間となりました。

「愛する」と真っ向からいうことは日本人の場合は、少ないでしょうが、たまにはいいでしょう。

妻を愛し、家族を愛し、地域を愛し、国を愛す。これは、自然な感情です。

言いにくいことでも音楽の力を借りれば言えたりします。



ホワイトデー、忘れている男性はいませんか。明日3月14日ですよ。

アコーディオンとバイオリン

  • 2013.03.10 Sunday
  • 23:29

今年度最後のサクラ座コンサートのお知らせです。

「アコーディオン&バイオリンのホワイトdayイブ」

とき 2013年3月13日(水) 開場19:00 開演19:30 

場所 サクラ座・和音 JR新城駅すぐ 0536-22-0802

入場料 前売り1,500円 当日300円増し

出演 バイオリン 安藤衣里  アコーディオン 鈴木佳子 ヴォーカル 平野とも子


(サクラ座の前のデカ看板)

日ごろの雑踏から解き放たれ 音楽で癒されるひととき

あなたをお待ちします。

このブログを見たよと言って頂けば、当日でも前売り価格にてご提供します。

チェンバロ・リュート・カンタント

  • 2012.08.14 Tuesday
  • 23:43
サクラ座・コンサートのお知らせ

2012.9.12(水) 19:00〜 サクラ座にて

「チェンバロ・リュート・カンタントと共に過ごす秋の夜長」
『名月はバロックが最高』

を開催します。




本格的なバロック音楽を聞ける機会は、めったにありません。

ましてや新城では、なかなかありません。

バロック音楽の「素の香り」は、土、木といった自然豊かな新城の環境にぴったりです。

古今東西、古いものには創造力がわきます。

「スチールパン」って知ってる?

  • 2011.11.21 Monday
  • 23:34
「スチールパン」って知っていますか?

スチールパンは、カリブ海の島国トリニダード・トバゴで19世紀半ばに、黒人達が禁止されていたドラムの代わりにドラム缶を叩いて作った楽器で「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器の発明」といわれるものです。

今度の日曜日、11月27日(日)午後2時〜、スチールパンのコンサートをJR新城駅すぐの「サクラ座・和音」で行います。

(チラシは、ここから)


カーニバルのダンスミュージックに使われ、聴くだけで身体が踊りだす不思議な音のシャワーを味わいにきて下さい。

演奏は、日本でも数少ないスチールパン奏者で東京在住の伊沢陽一さんと以前にマリンバのコンサートに来て頂き大好評だった地元の松井奈都子さんです。





よさこいの関係者、打楽器奏者、ダンス音楽が好きな方など、めったに見られないスチールパン演奏をぜひ聴きにお越し下さい。
 

サクラ座・和音3周年

  • 2011.10.03 Monday
  • 00:00
サクラ座・和音運営会の総会が本日行われました。

平成20年9月にオープンして、私としてはとりあえず3年は突っ走ろうといろいろなチャレンジをしてきました。


(看板ライブ「フォークなひととき」の様子)

音楽の催しが中心ですが、これは私自身、音楽がもともと好きだったこともあります。

中学のころ1970年代中盤の拓郎、かぐや姫、陽水などのフォークソングにしびれました。
ガロの学生街の喫茶店は、豊橋の丸物のレコード店で流れているのを聴いて、その場で店員さんに今流れた曲をくださいと言って買いました。それは、巨人の星、タイガーマスク以来のレコードでした。

カラヤン指揮のかっこよさから、ベルリンフィルのクラシックを聴きました。
当時買ったレコードでベートーベン5,9、アルルの女、新世界、ツァラトゥストラはかく語りきなど、未だに聴き返すと心震えます。

富田勲のシンセの惑星でオーディオの限界に挑戦し部屋を揺らしたのは、ダイヤトーンのスピーカーでした。プレーヤー、アンプ、チューナーはパイオニア、イコライザーはビクター、カートリッジはシュアーだったと記憶しています。当然スピーカーは、コンクリートブロックの上でした。

73年、世界生中継のエルビス・イン・ハワイを見てミュージックテープを買いました。
モミアゲつながりでトム・ジョーンズのラブミー・トゥナイトの歌詞を暗記しました。

中学の時、バスケットボールクラブが春の大会で終わり、受験勉強もしないでぶらぶらしていたら、吹奏楽部の小野田先生から秋の大会でトロンボーンが足らないのでお前やれと言われ、毎日マウスピースを口に登下校して半年後の秋の大会で3曲吹きました。

その曲は、士官候補生、ミリタリー・エスコート、西部の人々でした。
その時に大勢で演奏する楽しさを知り、そのときに聴いていたのは、マーチでした。

また、映画も好きで映画音楽も大好きです。ロミオとジュリエット、禁じられた遊び、ある愛の唄、大脱走、夕陽のガンマン、遥かなる山の呼び声

ビートルズは、現役でした。音楽の新種が新譜とともにFMラジオから流れエアーチェックしました。赤も青もLet's it beも未だに飾ってあります。

音楽のこと、ちょと書き出したら止まらなくなりました。

こんなふうに音楽は、人生の主食だと思います。

赤ちゃんに聞かせる母親の歌、学校で皆で歌った唱歌、ちょっとはずかしい恋の歌、運動会でなぜか走り出すマーチ、だれでも一度は弾きたいギター、もしもピアノが弾けたなら・・・

サクラ座・和音は、そんな人生の一場面を思い出したり、新しい舞台をつくったりする「あなたの場所」になることを目指して行きます。

ボランティアで運営しています。家賃や駐車場代、水光熱費を捻出するのに苦労しています。

皆さんの参加料が支えですので、是非ともお越し下さい。

催事の予定は、次のアドレスでご確認下さい。
http://www.sakurazawaon.com

象のおしり

  • 2011.10.01 Saturday
  • 17:29
新城駅前コミュティースペース「サクラ座・和音」の目印『象のおしり』が久しぶりに登場です。


(象のおしり)

ここを通って保育園に行く子が「象さんはどこいったの」と心配していました。

早くお化粧直しをやろうとあせっていましたが完成してホッとしました。

実際に自分でやってみるとお化粧し直しや取り付けはなかなか大変でした。

以前に朝きたら象がいなくなっていたことがありました。

少しあたりを探したのですが見当たらず、警察へ届けようと思いましたが、「象がいなくなった」ともいえず困ってしまいました。

そしたら、夜のうちに壁からはずれたらしく、お隣りとの間に片付けて頂いていました。

今度は、そんなことがないようにしっかりと取り付けました。

落語が持つ共有力

  • 2011.09.17 Saturday
  • 23:31
今日は、午後2時から、新城駅前のコミュニティースペース「サクラ座・和音」で『サクラ座寄席』を行いました。

鶴橋減滅渡(つるはしへるめっと)さんが二席と成田家紫蝶(なりたや しちょう)さんが一席を披露されました。

それを聞かせて頂き、落語は、日本の文化だなぁっと思いました。

一席目の「番町皿屋敷お菊さんの怪談話」、懐かしいですね。このお話しが姫路城下の話しだったとは改めて知りました。

(鶴橋減滅渡さん)

子供のころの夏休みには、怪談話の落語や映画がよくありました。

私が小学生のとき農家の便所は、外にありましたので、怪談話などを聞いた夜に行きたくなると困ったものです。

真っ暗ところに電気をつけに行くことが怖かったですね。たまに20wの裸電球が切れていた時など最悪で、便所まで行かずに庭先で用を足したことを覚えています。

そんなことを思い出しながら「いちま〜い。にぃま〜い。・・・・」とドキドキしながら聞きました。

さて二席目、某市役所にお勤めだった成田家紫蝶さんは、嬉しいことにご当地「鳥居強衛門」の演目でした。


(成田家紫蝶さん)

武田軍に包囲されて危機迫る長篠城内の様子、誰か援軍を呼びにいかんかん、わしが行ってもいいぞんと強衛門・・・など、歴史書や映画ではなかかな伝わって来なかった長篠の戦いの「そうだったかもしれない」様子が自然と体に入ってきました。

こういう落語もあるのか、歴史や文化、そして社会問題をこんな表現で共有できたらいいなと思いました。

落語を聴いていると、自分の頭の中にどんどんイメージが膨らんで行き、その中で自分が登場人物といっしょにいるような気持ちになります。そこで、そのイメージをひっくり返されるので笑いが飛び出します。

今日の寄席も大勢の方がお越しいただきましたが、なかでも中学生の子が会場の入口で戸惑っていたので誘ったら見に来てくれました。

昔し小学校で落語を聞いたことがあると恥ずかしそうに言っていました。

彼は、ずっと一番前で見てました。見ず知らずの大人達の中へ飛び込み、自分の興味のあることにチャレンジしてみるということは勇気がいることです。

彼の人生の中でもきっと大きな出来事のはずです。

彼のお陰で今日の寄席を開催して本当によかったと思うことができました。

名前も聞きませんでしたが、本当にありがとう。

忙中閑あり オカリナとギターの響き

  • 2011.08.07 Sunday
  • 21:54
昨日の新居軽トラ市の片付けを午前中に済ませ、午後からは久しぶりに時間が空きました。

そうして身の回りを見渡すと、愛犬チョコちゃんは少し太ったようだし、裏山の竹は屋敷にかぶさって来ているし、お盆を前にいろいろと少し片付けないといけないようです。

「忙中閑あり」といいますが、忙しさも自分で作ったものですので暇も自分でつくらないといけないですね。

・・・
8月21日(日)午後2時開始、サクラ座和音で、
「オカリナとギターのコンサート」
〜笑って 癒され 元気になる〜
を、開催します。

好評につき今度で2度目。
本当に、本当に、癒されます。

出演のオカリナのAKIRAさん、ギターのちゃぼさんの優しい人間性が溢れる空間です。

0歳から100歳代まで楽しめ、-1歳のお子さんをおもちの妊婦さん、小さなお子さん連れのお母さんにもぴったりと思います。

オカリナの五感に染み渡る土の音、ギターの心を揺らす木の響きが合わさって、体中の水分と共鳴する感じです。

こればっかりは、一度体感してもらわないとわからないでしょう。

チケットは、
tkt@sakurazawaon.com に氏名と枚数をお知らせ頂ければ、前売り券を取り置きして当日受付でお渡しします。

前売りは、大人1,500円、子供500円(高校生以下、膝上っ子は無料)。当日は1,800円と800円です。

チラシは、http://www.geocities.jp/wkjxx381/00000/110821okarina.pdf

・・・
お盆休みのシーズンです。
戦争と平和、東日本大震災で失われた多くの御霊を思うこと、そういった時間が必要です。

忙しさに心亡くさないように、この1週間は、自分なりにゆったりと過ごしたいと思います。

そして、8月21日のオカリナ&ギターコンサートで、’笑って 癒され 元気に’なりたいと思います。ご一緒しませんか。

フォークソング 三階建ライブ

  • 2011.07.03 Sunday
  • 21:33
今日の午後2時開演でフォークソングライブ「三階建」〜サマーピクニック〜 と題して、かぐや姫のナンバーをたっぷり2時間半聴きました。

今日のライブを決めた4ヶ月前は、この暑さは予想できませんでしたが、サマーピクニックの名前の通り暑さを吹き飛ばす楽しいひとときでした。



サクラ座・和音でのフォークライブは、2ヶ月に1回ほど開催していますが、毎回驚きと出会いがあります。

・今日は、私のブログを見て岐阜からわざわざ駆けつけてくれた方が見えました。「サクラ座の補助金の申請は終わりましたか? こういう場所は本当に大事ですね」と話しかけられ本当に嬉しく思いました。

・また、何十年もギターから離れているが、この前に文化会館でチラシを見てギターを教えてもらえるかと思って訪れて頂いた女性の方が見えました。
ゆっくりお話しをする時間がなくて別れてしましましたが、またお会いしてこれからにつなげていければ幸いです。

・今日出演の井上君は、トヨタ系の会社で昨日・今日の土日は出勤日でした。今日は、休みをもらっての出演です。木金の休日になると報道では知っていましたが今日実感しました。

・つくでの森の音楽祭が8月15日、つくでリフレッシュセンターで行われます。今日はその実行委員長の黒谷さんが見えて、フォークソング仲間やスタッフをスカウトしていきました。
 黒谷さんは、秋口に今日のようなライブをここでやってくれます。こういった連携が生まれてきましたことが嬉しいことです。

今日という一日にも何とたくさんの出会いがあったことでしょうか。
こういう出会いの場がコミュニティースペース「サクラ座・和音」です。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

「ふるさとの未来を考える」 by 山本たくや

profilephoto

東日本大震災復興支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM