子ども達と黙とう

  • 2013.03.11 Monday
  • 22:50

今日、おとどけ音楽会を午前に山吉田保育園、午後に鳳来保育園で行いました。

おとどけ音楽会は、山間の地域にも音楽文化を根付かせたいという思いで3年前から行っている市民活動です。

この活動は、愛知県市町村振興事業費補助金で運営させて頂いていて、作手・鳳来地区を対象としています。

保育園では、既に作手保育園、大野保育園、長篠保育園、鳳来西保育園に伺いました。

今日の山吉田保育園、鳳来保育園で旧鳳来町と旧作手村の全ての保育園に行かさせて頂いたことになります。


(山吉田保育園。きちんと履物が揃えられています。すごいなー。)


(鳳来保育園。最後まできちんと聴けて、すごいなー。)

どこの保育園にも半日滞在して、ゆっくりお話しを伺うことができました。

園長先生始め園内の皆さんには、子ども達をあずかるという重責を愛情をもって笑顔で行われていて敬服いたしました。

孫と同じぐらいの子もいて、何かやりにくいことがあれば、子ども達のためなら何でもしてあげたいと思うジイジであります。

なお、今日は、3月11日、東日本大震災から2年目。14時46分には鳳来保育園でしたので、園児の皆さんと黙とうを行うこととしました。

園児たちにもきちんと説明しました。

日本の東北地方で大きな地震があり、津波で家をなくしお母さんやお父さんが死んでしまってとっても悲しんでいる人がたくさんいます。みんなのおともだちで死んだりけがをした子もたくさんいます。

とっても悲しいことだよね。かわいそうだよね。

そんな人たちのことを目をつむって1分間考えましょう。
毎年こうしてその人たちのことを忘れないようにすることがとっても大事なことです。・・・と説明しました。

子ども達もきっとわかってくれたと思います。目が輝いていました。

幼な子たちとともに黙とうができたことは、私も一生忘れません。

大野保育園におとどけ

  • 2013.02.20 Wednesday
  • 22:50

今日の午前中は、おとどけ音楽会を新城市立大野保育園で行いました。

大野保育園の中まで入れてもらったのは、今日が初めてです。とっても清潔で、子ども達も元気一杯でした。

保育園の建物は違っても園児達の元気なことはどこもいっしょです。



いつも平野さんのソプラノの歌声には、子ども達はびっくりします。

今まで聞いたことのない声に子どもたちの柔軟な頭脳は、反応しているのでしょう。

三世代歌える童謡を残して行きたいですね。

「カラスの子」、「ペチカ」など、園長先生も職員も子ども達も歌えます。

おとどけ音楽会(長篠保育園)

  • 2013.02.15 Friday
  • 21:31
今日は、新城市長篠の長篠保育園で「おとどけ音楽会」を行いました。

おとどけ音楽会は、コンサート会場などに来るのが困難な高齢者や小さいお子さん連れの方などに本格的な音楽をお届けしようという活動です。

今日は、保育園児だけでなくお母さん、お父さんもいっしょに聴いていただけました。

「北風小僧の寒太郎」では、「かんたろう〜」と大きな声で歌ってくれました。

おなじみ「田舎のバス」では、子供たちは、牛や馬の鳴き声の笛に興味津々の様子でした。

(田舎のバスの運転手さんは、大忙し)

保育園でのおとどけ音楽会では、いつも子供たちは歌ってくれます。

その姿を見ているお母さん、お父さんのあったかい眼差しがとても素敵です。

なお、演奏終了後には、いつも園の方々や親御さん方とお話をします。

皆さん本当に一生懸命に子どもたちのために頑張っています。

誰もがこうして育ったんだなあ。

鳳来西保育園におとどけ

  • 2013.01.25 Friday
  • 23:57

おとどけ音楽会は、コンサートを中山間地域におとどけする市民活動です。

今日は、鳳来西保育園に行ってきました。

12名の園児とお母さんと園長先生始めが職員の方々が集って頂きました。



子ども達のまなざしには心が洗われます。

また、今日は親子給食ということでお母様方がみえており、母親が子どもを見るまなざしも暖かく感じました。

おとどけ音楽会は、行く先々で喜んでもらえますが、一番喜んでいるのは私自身かもしれません。











作手の元気な子ども達

  • 2012.12.18 Tuesday
  • 14:27
今日午前10時から、新城市作手の親子わいわいクラブのお誘いで、作手保育園で「おとどけ音楽会」を行いました。

保育園の全員と保育園前の親子さんと一緒にちょっと早いクリスマスです。

私は、サンタクロースになって子供たちに大人気でした。

保育園の子ども達は皆きちんとお歌が歌え、保育園前の子ども達はお母さんのそばで最後までお行儀よく聞けました。すごい!


(作手の子ども達)

お母さん方とお話しする時間もありました。


作手の方にお話を聞くと、何か作手は孤立してきているというような不安があるとのご意見がよく聞かれます。

そういった気持ちにならないように、今日のような催しをどんどんやる必要があると思います。

昨日のブログでも書いたように、何を差し置いてもお母さんに安心して子育てしてもらう環境をつくることが大切なことです。

母親の笑顔は太陽

  • 2012.12.17 Monday
  • 18:47
今日は、あそびネットほうらい(代表:福田さん)からのお誘いで、新城市長篠の児童館たんぽぽでのクリスマス会へ、「おとどけ音楽隊」として行ってきました。

保育園前の子供たちとお母さんたち、そしてお隣の「もくせいの家」からもお客様がみえました。



私の娘と1歳2ヶ月の孫と同じぐらいの子供たちの前で、ジイジは、当然サンタさんです。



ここ児童館たんぽぽへは、何度か寄せてもらっていますが、あそびネットほうらいさんのようにボランティアで読み聞かせやお楽しみ会をされている方々も見えて、活発に活動されていていつも感心しています。

子育てに頑張るお母さん方の情報交換の場所をつくることは、とっても大事なことです。

子供たちの成長にとって一番大事なものは「お母さんの笑顔」だと思います。

お母さんの笑顔がいつも太陽のように輝いている、そんな地域づくりをしていきたいと思います。

今日のサンタクヤロースのおひざは、小さなお友達を乗っけて大満足。とっても嬉しいプレゼントをもらいました。

娘たちをひざに抱いていた頃のことを思い出しました。

そうそう、今日は下の娘の誕生日だ。
クリスマス時期は、毎晩忙しいサンタクヤロースも今日は久しぶりに家で夕食にしよう。10時過ぎますが待っててね。

地区振興の音楽会

  • 2012.09.13 Thursday
  • 23:20
12日お昼に「おとどけ音楽会」を新城市上平井公民館で行いました。

ここに呼ばれるのは3回目で、菜の花の時期やコスモスの時期に来ました。

今回初めてのリュート、チェンバロの奏者もこうした典型的な公民館は始めてのようで、なんとも穏やかで暖かい雰囲気に、終わった後も歓談が続きました。

(真剣に聞いてくださる上平井の方々)

おとどけ音楽会では、各地区の集会場など少しの人でも集る場所があったら伺っています。

そして、そこでいろんなおしゃべりをします。

今回の上平井は、地区の活動が盛んでとても団結力があり素晴らしいところです。

その成果として、地区がとても清潔です。

ただし、国道沿いは拡張予定の空地には立ち入れず草ぼうぼうで、地区の方々も気にされていました。

そう思うと、新城市内には事業が中止されたり、放置されたところが多くなってきました。

後始末や清掃は地味な仕事ですがとても大事なことです。新しいことにばかり目をとらわれず、できること必要なことを地道にやらなければなりません。

廃墟には、悪いものがはびこります。清潔感ある市に変えなければなりません。

山村に響く歌声

  • 2012.03.18 Sunday
  • 23:22
今日は、JR飯田線柿平駅そばの「鳳夢登り窯」で、「おとどけ音楽会」を行いました。

春の日の雨あがり、山間に宇連川と飯田線で挟まれた場所に、この登り窯の工房があります。

戸田社長さん始め戸田工務店の皆さんに場所を用意して頂き、さらに柿平地区の方々や陶芸のお仲間を呼んで頂きました。大変感謝申し上げます。


(登り窯の上からステージを見る)

登り窯で音楽会を行うということ自体、全国的にもめずらしいことではないでしょうか。

窯の炎が登るように歌声が登っていきました。

(登り窯に沿った観客席)

山間の村々は、限界集落などと称され、人が住めないようなことを言われます。

しかし、私は、それこそ都会より、真に豊かな宝の山がある思っています。

無が有ることの価値です。

今日の音楽会では、平野さん親子が「千の風になって」を歌いました。

薄ももいろの梅の花が山の緑を背景に美しく咲き誇り、陶芸工房の薪ストーブの煙突からは、白い煙がゆらゆらと木々の中に吸い込まれて行きました。

そんな景色をバックに、かすかな川の音や風が木の枝をこする音するだけの静寂の中でのハーモニーは、今まで聞いた「千の風」の中でも最高のものでした。

何人かが目頭をぬぐう様子が見られました。私も感動し涙がでました。

この感動は、この柿平のこの場所だから味わえるものです。

静寂があり、心なごむ緑があり、心温かに人々がいる、こんなところでコンサートをさせて頂き、本当に幸せでした。

「おとどけ音楽会」は、山間に本格的なクラシック音楽を届けに行こうと思いやってきましたが、やればやるほど、逆に、私たちがいただく感動の方が大きいことに気がつきました。

今年度の「おとどけ音楽会」は、今日で最終で、作手、鳳来を中心に7ヶ月で10箇所の音楽会を行ってきました。

来年度も新城市内各地での音楽を囲んだ出会いを楽しみに活動していきます。

登り窯で音楽会

  • 2012.03.12 Monday
  • 23:58
今年度最後の「おとどけ音楽会」は、JR飯田線柿平駅すぐの「鳳夢登り窯」で行います。


チラシは、こちら=>ここ

12月の阿寺地区のときに好評につき、その場でオファーを頂きました。

今度も戸田工務店の戸田社長さんにご尽力頂き、登り窯の「鳳夢窯」をバックに音楽会を行います。

深い森と窯に焚く薪の香り、赤茶けたレンガの色合いの中、どんな音楽会になるか出演者一同楽しみにしています。

ご近所の方を始め、柿平駅がすぐ近くですので電車を利用してお越しいただいてもよろしいかと思います。

3月18日(日)午後2時からです。飯田線は、ちょっと本数が少ないですから事前に調べてお越し下さい。

ここは、以前の名古屋の会社から新入社員を連れて何度か陶芸をやりに来た場所です。

ここに触発されて会社をやめて陶芸家になった者もいたほどです。

本当にいいところです。

詳しくは、戸田さんのHPをご覧下さい。
http://www.todasanchi.com/enjoy/nobori01.html


おとどけ音楽隊with ERI

  • 2012.03.10 Saturday
  • 23:59
(1)
今日は、午前中に「フォークなひととき12th」のチラシを作成しました。



今度は、午後10時から午後7時として、多くの人が来やすいようにしてみましたので、お時間の都合のつく時にお越し下さい。

(2)
12時15分にチラシ印刷からサクラ座にもどり、12時30分に新城市鳳来の湯谷温泉の翠明で開催する「おとどけ音楽会」に向かいました。

1時に集合、2時からリハーサルで、本番は4時半ということで、少し時間が空いたので温泉に入りました。思わぬ休息にヤッター、ラッキー。





4時半から30分ほどの「おとどけ音楽会」を行い、最後を飾るのは「湯谷音頭」でした。

暖かい会場の拍手に送られて、会場を出たのは5時半ごろで、それから新城駅前にとんぼ返りです。

(3)
サクラ座で7時開演の「陽水ライブ」に参加しました。

いつもは準備からお手伝いするのですが、今日は、前用のためお客様時間で入場しました。

フォークな仲間が手伝ってくれるので安心です。



夜遅くまで井上陽水の曲が流れて、とてもよいひとときでした。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

「ふるさとの未来を考える」 by 山本たくや

profilephoto

東日本大震災復興支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM